自然な生理って出血しないらしいよ 女性のためのナチュラルハイジーン2

おはっぴー。
英検2級の試験まであと74日。昨夜も湯船の中で単語の暗記しながら、居眠りをしたくまっさです。

引用は女性のためのナチュラルハイジーン 松田麻美子著 グスコー出版
読みやすい本です。本気で健康になりたい女性にお勧めします。

さて、今日は自然な生理について、読み解いていきます。
「普通の生理」と「自然な生理」は違います。

「普通の家庭って」「普通の50歳って」「普通の男って」
私たちが思っている普通って健康的で幸せの基準かというと、そうではありません。
自然であることが健康基準であります。
そこを見ていきましょう。

自然な月経は出血しない

ノーベル生理学賞と医学賞を受賞したヨーグルトの父と言われるエリー・メチニコフ博士はこういいました。

「出血を伴う月経はどこかに障害があるからだ」

血が出るのが普通の生理と認識している私たち日本人女性にとって、飲み物を吹き出しそうなほど驚愕です。
私は3日でサクッと終わる生理が短いのでは?と少し不安に思っていたほどです。

もっと時短&少量にできるのか?この本を読んで実践したらノー出血になるのか?
楽しみです。

文明から離れている女性の生理

・アメリカのナバホ族の女性は出血量は非常に少なく、
ほとんど気づかない程度で生理用ナプキンも使わない

・オーストラリア奥地の部族の女性の月経は20分で出血、
量は大さじ一杯ほど。

ナバホ族の女性
おたま何杯も出血している人がいるかもね。れんげ数杯くらいかしら?
血がチョロっとしか出なくても排卵があれば、妊娠→出産はするんですね。
だから文明からかけ離れている人達も子孫を増やしています。
日本人だって着物を着ている時代はトイレに行ったときしか血が出ないとかね、今の私たちから見ると離れ業のように感じますが、当時はそれが「普通」だったそうです。
生理痛で頭が痛くて4人に1人に子宮筋腫があって、生理の前には肩こりと腰痛・・・これを現代女性の普通スペックだと思っている節があります。

「普通の生理」は大間違い!

健康で幸せになりたいなら、この「普通」を見直すことが大切です。

明日は女性器疾患全般の原因「真犯人」について書きます。

 

おまけ

明日が医学的というか、専門的だから、何度も読んで理解しなきゃ。
このプレッシャーで自分が成長してます。この本を理解するための自分のノート的ブログです。

今朝は明治神宮を散歩&参拝しました。
神様仏様を奉っているところは神聖ですね。
カラダは自分の魂を奉っている社(やしろ)です。
神聖な状態にしておきたいものです。
健康に感謝。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ