食物繊維をたくさん食べる 女性のためのナチュラルハイジーン7

土日と北海道の実家に帰っていたくまっさです。
土日に予定が入ると、月曜は掃除・洗濯といった家事に追われますね。
5倍速で家事をこなすようBGMはハードハウスかトランスです。
お気に入りはyoutubeで
「たろう16bit」の洋楽トランスを流すのがここ最近の定番です。

どれくらいの食物繊維量を摂ればいいのか?

本日は
女性特有のお悩み
(生理痛・月経前症候群(PMS)・更年期障害・子宮筋腫・卵巣囊腫・乳がん・骨粗しょう症・・・)
これらの原因となる

高脂肪・動物性タンパク質・低食物繊維

本日は
野菜
食物繊維をどれだけ摂ったらいいのか?

どんな目線で食べ物を選んだらいいのか?

についてこの本から引用します
女性のためのナチュラルハイジーン 松田麻美子著 グスコー出版
読みやすい本です。本気で健康になりたい女性にお勧めします。
厚生省のガイドラインでは
17グラムは摂りましょうね〜
と言われています。

実情は14グラムです。

3グラムも足りないわけですが、
これでは女性器疾患全般を改善するのは難しいです。

女性のためのナチュラルハイジーン「女性のためのナチュラルハイジーン」で提唱するのは

食物繊維 1日に40〜50グラム

野菜の量じゃなく当て食物繊維の量です。
現状の3〜4倍の食物繊維を食べたら
生理痛とか子宮筋腫とか
諸々の女性器疾患とオサラバできます。

ちょっとムリだわ・・・と思ったアナタ!
できることからやってみませんか!
できることならいろいろあります。

頑張らずに、楽しみながら、
そして
【続ける方法】を模索しましょう♪

ダイエットで言うリバウンド?
お祭りのように野菜を食べて、
三日坊主では健康を手に入れることはできません。

くまっさは、ここが工夫のしどころだと考えています。

 

食物繊維をたくさん食べるぞ! 食品の選び方

食物繊維の摂取量を増やすポイントは
野菜、果物、豆類、全穀類をたくさん食べること。

そして
【食物繊維ゼロ食品】を減らす

早い話が
動物性食品を避けよ!

となるわけです。
ビーガンやベジタリアンにならなくても、
質と量を工夫すればいいと思っています。

感覚的でもデキル!ナチュラルハイジーンな食生活

摂取カロリーや含有率にとらわれず、
食べ物の大きさ、体積でイメージしてください。
アナタの口からカラダに取り入れた食品の量(体積)はどれくらいでしょう?
その中に自然な食品、加工していない食品はどれくらいありましたか?
お肉と野菜の量はどれくらいだったでしょう?

そこで
動物性食品や加工・精製食品:食物繊維食品の割合を
1対1〜10

これを目指します。

【野菜、果物、豆類、全穀類】の量をたくさん食べる
動物性食品や加工・精製食品】よりもたくさん食べる

計算はいりません。量のイメージで十分です。
その量をイメージします。

なんでこの方法をすすめるかって、
私自身このイメージをすると、
ビックリするほど動物性食品や精製食品を摂っていると分かって、
包み隠さず言いますと「怖くなった」んです。
人ってこのブログを読んでもすぐに実行する人って珍しいんですよ。
病院行って、医者に「このままじゃ死ぬよ」って言われないと
食生活の改善や運動を始めないものです。
これは健康を願う仕事上ののボヤキでもあるんですが・・・

それさておきで、
最近は仕事帰りはコンビニには立寄らず、
スーパーで有機野菜をたくさん買うようになりました。
昨日はオリーブで味噌野菜炒めを食べて寝ました。
今朝は納豆&玄米ご飯です。

明日は女性のためのナチュラルハイジーン4〜7まとめを書きます。

おまけ

ここ数日、3年くらい前に買った情報商材ってやつを見返してました。
アフィリエイターになるためのハウツー本です。
アフィリエイターってブログやサイトに広告をはったり、商品を自分で作って売ることで、
年収数1000万とか数億円稼ぐ人がテレビに出て知れ渡り、
カンタンに稼ぐなんてあんなのインチキだ!といろいろ疑われる人達です。
中には非常に全うな、優しい「人の役に立ちたい」という方も大勢います。
頑張って稼いでいる印象の人から、
アフィリエイトについて伝授してもらいました。
その知識が今こうやってブログをWordPressで更新したり、
検索ワードを多用したり、
そんなに熱心ではないけど小技を駆使して趣味ブログを書いているんですね。
結果的にアフィリで儲けることに興味が無くなり、
本業(治療院経営)にエネルギーを注ぐことにしました。
だけど、改めて見直すと自分で情報商材?ではないけど、
健康のためのパッケージを提供したいな〜って今朝ひらめきました。

健康って自分のものではないんです。
愛する人のもの、地球の宇宙のものですよ。
それを伝えるのが自分の使命というか、生まれてきた意味だと思うんですね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ