運動したらストレス解消

毎日30分以上歩いた人の方が長生きみたいです。

高齢者なら30分くらい。
ヤングは30分+チョイ歩いた方がピンピンします。

運動するとどうして 長生きなのかというと
ストレス発散でき、
カラダもココロも病みにくいからです。

天国極楽生活をお求めの
ちょっぴり病んでるストレスガールに

運動に対する静かで熱い思いをお伝えします。

 

運動をおススメする理由 3つ

1:疲労回復
2:体力アップ
3:セロトニンで穏や人生

 

1:疲労回復
カラダは寝ているだけでも疲れます。
寝過ぎるとなんか調子悪いっていう経験有りませんか?
人間って息しているだけでも老廃物を作っていて、
カラダの隅々に老廃物(ゴミ)が蓄積されます。
その老廃物を排出するためには
心臓と筋肉のポンプ作用によって
全身の血流を良くする必要があります。

全身の血流を良くする基準に
汗ば む程度の運動がおススメです。

ウォーキングなら30〜60分
ランニングなら5分や10分でしっとり汗。

運動によってカラダのゴミ屋敷化を防ぎましょう。

 

2:体力アップ
肉体や精神の限界には、体力がモノを言わせます。
体力をアップすればストレスに強くなります。
余裕のある人間というのは
ココロだけじゃなくカラダも頑丈で器がデッカイ。

体力がアップするだけの運動量は

少しでも筋肉疲労を感じるレベルです。

デスクワークと運動習慣ナシ
が抱合わせで
おまけにが会社も自宅も駅近(5分圏内)なら

週に2回、1時間以上は歩く

少し 疲れちゃったわ(ふーっ)
って思うくらいがちょうどいいです。

月に一回、友達同士でイベント的な
ハイキングやダンスやヨガのレッスンでもいいです。

ハイキングで出会いがあるかも、
ヨガでお友達ができるかも、とかさ、
隣町の行ってみたかったお食事処まで歩くとかね。
ノリで頼んます。(悪ノリ注意)

 

3:セロトニンで穏やか人生
セロトニンというのは脳内物質のこと。

別名 ハッピーホルモン。

コンビニにもドラッグストアにも売ってないのよ。
でも自家栽培できるらしい。

散歩と日光浴。時間は15分くらい。

セロトニンが分泌されると共感力が増量。
相手の身になって考えることができ、
ココロが穏やかで優しい状態です。
ふんわり気分?と思いきや、
リラックスしつつ、
集中力は高まり、落ち着いた状態。


そんな状態って、

ストレスに対して メチャ強いと思いませんか??
セロトニンの増量は
激しい系のガシガシ・ピョンピョン運動ではなく、
トコトコ平和に歩く「リズム運動」がポイントです。
ハッピーになりてぇぇ。

 

運動すれば
小さなストレスなら、サクッっと解決。
大きなストレスには解決案をチラっと。
チラッが好きだったりして(笑)

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ