レッスン1 主体的にいこう

7つの習慣プライベートコーチをオーディブルで聞きながら、考え方を整理します。
主体的になりやすいのはどこで?どんなとき?どのような場面?

今の人生の試練はどんなことですか?

その試練に立ち向かい変化を起こすにはなにができるでしょうか?

 

人間に出来る判断

自覚
時間を取って自分の考えを見つめ必要であれば変えることができるか?
自分の考えが態度や行動に影響されることが分かっているのか?

想像
行動する前に考えるか?
目標を達成した自分の姿を思い描いているか?
問題や障害のいろいろな解決策をすぐに思いつくか?

良心
すべきこと、すべきじゃないことを判断しているか?
自分が大切にしていることを考える時間を持っているのか?

意思
自分や他人に約束をしてそれを守るか?
人生の有意義な目標をたて達成しているか?
選択をする時に自分自身の価値観を思い出し、それにしたがうか?

 

ユーモア
これが人にしか出来ない判断
そしてユーモアはバランスの取れた視線をもてる。
ユーモアが主体性の鍵

あながた関心を持っていること

関心の輪の中に書いてみる
自分が集中し時間やエネルギーを使っているところはどこ?
健康?仕事?人のこと?
どんなことに関心があるのか

関心の輪の中に書いたものを
影響を与えることができるものと
出来ないものを書く
その中で影響ができるところに輪をかく

 

どうにかできるのは1つだけ

自分のみに起こることに反応することだけができる
自分が出来ることだけに集中する
どうやったら集中できるのか?

影響の輪を広げる

主体的な人は影響できることに働きかける
影響の輪のふちの部分にチャレンジする。
できるかできないか分からない部分にチャレンジすることで、
影響を広げることができる。
輪の中にいるだけでは影響の輪は小さくなる。

 

すべてのことに影響できる

直接コントロール
主体性で可能

間接コントロール
自分だけで解決できないことも外へアプローチ
影響の輪を広げるチャンス

まったく関係ないことコントロール不可
他人のことなどを受け入れる

 

持ちたいとありたいなりたい

関心事は持ちたいこと
自分にないものを外に求める

ありたい
忍耐強く、協力できるin side outあなたが最もありたいと思うことはどんなことですか?

選択と結果

過去の間違いは自分ではどうしようもない
関心ごと
失敗から何かをマナブ
悔やんで悩んでも結果をコントロールすることはできない

運命は変えられる
自分の人生に責任を持つ

運命を変えられる
想像力と粘りがある

自分から事を成す助けは自分からもとめる

最後に

人生は自分自身で設計している
自分の選択

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ