呼吸で自律神経をコントロール

足や手は自分の意志で自由に動かせます。
でも心臓は自分の意思が働かなくても、
ずーっと動いてくれ、いきなり止まったりはしません。

 

では呼吸はどうでしょう?

 

呼吸は意識と無意識の架け橋

眠っている時は無意識ですが、呼吸は規則正しく行われます。
起きている時も意識せずに自然に息をしていますが、
意識を呼吸に向けることで、
吸ったり吐いたり、息を止めたりすることもできます。

 

呼吸器は意識(随意)と無意識(不随意)の
両方の神経支配を受ける唯一の器官です。

 

 

自律神経は呼吸でコントロールできる

呼吸には自律神経を調整する仕組みが備わっています。

 

自律神経は私たちの意思とは関係なく、
神経そのものが自分を律しています。

 

カラダを活動的にさせる交感神経

リラックスさせる副交感神経

 

この2つの神経がシーソーのようにバランスを取ってゆくのが「健康」です。

 

自律神経って? ボクサーは交感神経人間

 

ボクシングの試合中はミスをしたら命に関わるかもしれません。
ボクサーは緊張感たっぷり、バリバリの交感神経人間です。
毛細血管が収縮して、指先は冷たくなっています。
これはケガをした時の出血を防ぐためです。
ケガをしてもすぐ治るように、白血球数も増えます。
喉が渇きますが、唾液というのは消化活動の一つ。
緊張とともに消化活動全体が抑制され、唾液も出にくくなります。
試合中に消化活動が活発になって、ウンチをしたくなっては困りますね。
それどころではありませんからね。

 

酸素をたくさん必要とするため、スタミナ系の激しい呼吸をして
交感神経を刺激し、闘争モードを盛り立てます。

 

日常的にボクサーモード(交感神経優位)では

いつもカラダがダルい。
イライラ・ピリピリの精神状態。
興奮して眠れない。
高血圧、高血糖。

 

このような体調不良が出やすくなります。

 

 

その逆でリラックスモード(副交感神経優位)が続いてしまうと、

少し動くだけでも疲れてやる気が起こらない。
小さなことが気になり、落ち込みやすい。
朝起きるのが億劫になる。

 

こんな状態になりがちです。

 

ストレスに弱くなったり、
免疫が上手く機能しなくなることもあります。

 

 

呼吸の仕方一つで、
自律神経(交感神経&副交感神経)を意識的に整えることができます。
交感神経優位(ボクサータイプ)は『腹式呼吸の基本』をやってみましょう。

 

ここでご紹介している腹式呼吸のテクニックは
とてもカンタンで、どなたでもすぐ習得できるように考えました。
呼吸の入門としてぜひチャレンジしてみてください。

 

呼吸法によって自律神経のシーソーバランスを調整ができるようになれば、
「元気になりたい」という思いがカラダ全体に伝わります。

 

内臓全体の調子がアップ、免疫力・ホルモンバランスが優れ、
疲労回復・病気の予防に効果を発揮してくれます。

 

最終的にはカラダとココロのバランスが抜群に良くなります。

 

自分がカラダの主人です。
呼吸は自分の意思でカラダとココロをコントロールことができる司令塔です。
生まれてから死ぬまで呼吸をしています。
ふとした時にできる呼吸法を利用して、
自分のカラダを優しく見つめてあげましょう。