2015年 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
去年を振り返り、今年の目標を語るというのが正月の定番。
ひつじ

有難き幸せ

去年2014年の特筆すべき点は「贅沢〜有難き幸せ」ってことです。

  • ヨグマタジという瞑想の師との出会いがありました。(毎日の瞑想&本の朗読)
  • わもんという「聞く」を深め、自分を深める修行の場との出会い。
  • エドガー・ケイシーというスピリチャルと現職の架け橋との出会い。

この3つの出会いは私には贅沢だったのではないか?と思っていましたが、贅沢というのは受取る準備が整っていない状態であって、この際だから素直に受取ってひたすら感謝することにしました。昔々だったら「ありがとう」って言っても相手はわかってないんだろうな〜って疑うクセもあったけど、ここまで来たら、直球勝負でズドン!なストライクで受取るわよ〜そういうことですわ。【有難き幸せ】は2014年にピッタリな言葉です。

今年の目標
何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ、やがて大きな花が咲くby高橋 尚子

  • このブログで「自分・自分」と表現する。(他では封印)
  • 皆んなのことを意識したり考えたりする時間や回数を増やす。
  • 見えないところ、根っこを深く太い人間に成れるよう、頑張る。
    (具体的には英検2級を取得する。マラソンを継続する。)

自分撮りとかね、「オレオレ」的な日記ってダッセーなー。でもやっちゃうんだよね(テヘ)って思うこともあったけど、それって自分以外に自分を認めてくれない(他人比)・・・そんな環境で育ったのかもしれませんね。最近は昔の自分が考える以上に皆んなが愛してくれている実感があります。そんな風に人って変化するんだな。こんなにもおめでたい人生、どうしてもこの気持ちを人に伝えたくて堪らない。そこで伝えるためには根っこを下へ下へ、太く太くする準備が欲しい。その地味な準備が結果的に人生の中で「最短距離」な気がしたのですね。だから目標が地味でパッとしないんだけど、とりあえずやるしかないぜ、という新年気分です。

皆様のご多幸をお祈りしております。

おまけ〜3年以上ほぼ毎日続けていること

  • 起床したらすぐ、ヨグマタジの本を10分朗読。その後、瞑想を10〜30分くらい。
  • 夜、風呂上がり「慈悲の瞑想」を唱え、頭から冷水をかぶる。

瞑想の種類はいろいろですが、定番はマントラを108回唱え、ヴィパッサナー瞑想かチャクラ瞑想、体調に合わせて呼吸のイメージだったり、グランディングするための瞑想をします。目を閉じていることもあるし、歩く瞑想もします。洗濯物をたたみながらする瞑想も好きです。疲れているときは眠る可能性もあるので、横になってするヨガ(ヨガニードラ)もあります。

参考までに慈悲の瞑想とはこれ。原始仏教の教典。固有名詞を入れて唱えます。
苦手な人間関係が好転しますので続けることをお薦めします。
そして冷たい水をかぶると、カラダがポカポカするし、風邪予防になって最高ですv

慈悲の瞑想5-1

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ