拝啓 デイビッドミッチェル様

index東田直樹くんは自閉症ですが、素晴らしい作家です。
自閉症の僕が飛び跳ねる理由

翻訳者デイビッドミッチェルさんも
素晴らしい作家です。
デイビッドミッチェルの作品が映画化されています。
クラウドアトラス

 

 

 

この映画の監督はマトリクスのウォシャウスキー姉妹。
彼女たちはトランスセクシャルで
生まれた肉体的な性別は男性でしたが、
現在は女性です。
デイビッドミッチェルさんには自閉症のお子さんがいて、
子供のことを知りたいと思っていても自閉症の症状があるために、
息子さんとの意思の疎通がとれず悩んでいました。

デイビッドさんは日本で英語教師として働いていた経緯があるため、
日本語で書かれている東田直樹君の本を読めたというのは
神のお導きのようです。

直樹君の本に感銘をうけたデイビッドさんは
翻訳し世界に発信しました。
現在では30カ国で読まれるようになりました。

デイビッドミッチェル様にお伝えしたいことは感謝の気持ちです。

自閉症ではなくても、
自分の気持ちが思い通りに表現できないということは
すべての人間に当てはまります。

私は少しづつですが英語の勉強をしていて、
その課題として The reason I jumpのQ24
Would you like to be NORMAL?
を暗唱しました。
発表の日は過ぎましたが、この文章が大好きで
毎日何回か思い出しては口にしています。
長い文章なので忘れることもあります。
でも思い出して言えるととても嬉しいです。

薬が開発されたとしても今の自分を選ぶ。
人類は頑張る必要がある。
頑張れば幸せになれる。
自分自信を愛する限り
普通でも普通じゃなくても大したことじゃない。

そんなふうに逆輸入版で直樹君の気持ちをココロに刻んでいます。

と言うような感謝の辞を
デイビッドミッチェルさんに英語で伝えれるようになりたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ