2:スッキリ目覚める「ありがた快眠アプリ」

iPhoneAndroidをお持ちで、寝起き「鬼」悪いガールに朗報です。
スッキリ、爽快!ビシッと目覚める無料アプリが存在します。

超おススメ!
「ありがた快眠アプリ」 2

1
:快眠サイクル
Cover art


2
:ぐっすり〜ニャ


※おススメするにはワケがあります。
自分のベスト睡眠時間を知ることができた!
とっても役立つ、実用的なデータでした。(これは後述)

快眠アプリの使い方
睡眠というのは、レム睡眠(浅い眠り)と
ノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返してます。

・レム睡眠(夢見ている状態=カラダは休業、アタマは営業中)
・ノンレム睡眠(アタマもカラダも休業)

ノンレム(全店休業中)の時に「出てこい!」と言われると、
まあ、だいたい不快だわね。

そこで「ありがた快眠アプリ」2選たちは
アタマが営業中(浅い眠り)のレム睡眠時に起こしてくれます。
これ、なかなかすごい仕組みだと思わない?
枕元にスマホを置いておくと「加速度センサー」の働きで
アタマ営業中(=レム睡眠)に起こる寝返り振動を記録してくれ、
目覚まし設定より、やや早めの時間であっても、
深い眠りに入る前にアラームが鳴ります。
おかげで目覚めがラクなんだわぁ、ホントに。

ちょっと、早めにアラームが鳴るのは勘弁してよ!
という、そこのお嬢さんっ!
ふんわり目覚めた状態で毛布にくるまっていれば、
カラダの疲労回復となるので、損しません。

ご紹介した2つのアプリの使い方はほぼ同じです。
どちらも無料だから、使ってお好みで選ぶといいですよ。


ネコ好きのくまっさは「快眠サイクル」から
最近は「ぐっすり〜ニャ」に変更しました。

ぐっすり〜ニャのおススメポイント

ネコのレオニャルド・フミンチくんが
起きがけにメッセージと寝具アイテムをプレゼントしてくれる。
着替えさせたりね、グフフ・・・

快眠サイクルのおススメポイント

デフォルトのアラームは
「快眠サイクル」の方が種類が豊富で刺激的に目が覚めます。
入眠時にリラックスできる音楽もあるのよ。
(「ぐっすり〜ニャ」はスマホに入っている音楽から設定も可)

お試しあれ。

余談
個人的ベストな睡眠時間をリサーチ
昭和時代は「8時間寝ましょう」という神話がありました。
現在、睡眠時間は人それぞれという説に落ち着いております。
遺伝子によって違うという説もあります。

8
時間以上寝る人よりも、
67時間睡眠の人の方が
長生きするというデータあります。
3時間睡眠でアタマがスッキリする、
というショートスリーパーもいます。

じゃあ、自分は何時間寝るのがベストなの?って思いませんか。

くまっさの個体を例にしますと
結論から発表します・・・

ベスト睡眠時間は5時間半でした。

快眠アプリを使う以前は、6時間くらいと思ってました。
快眠アプリを使うようになって、
自分の設定時間よりも若干早めに起こされるワケです。

それで5時間半後に目覚まし設定してみると・・・

爽快に目覚めるようになった!という結果。
自分のベストな睡眠時間を発見するって、
有料級のありがたさ。
ありがとう!快眠アプリ!

毎日このアプリを使っていて、
いいなーって思うことまとめ

  • レム⇄ノンレムのタイミングを知れた。
  • おかげで5時間半睡眠という基準ができ、
    「もっと寝たほうがいい」とか「少ない睡眠だから」
    という言い訳的な心理状態から解放された。
  • グラフを見れば、寝返りや熟睡度がわかるので、
    「泥のように眠りが深い」→カラダが疲れてたんだわ
    「眠りが浅くて、うなされた?」→案外ストレスが溜まってたのねといった、
    自己診断にも役立つ。


こちらからは以上であります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ